ストレート アイロンでくせ毛対策【真っすぐな髪の毛を手に入れる】

ニュース一覧

熱を通すことはダメなのか

レディ

熱を通すメリット

ストレートアイロンやコテなど髪の毛に熱を通してスタイリングを行う方々が一番心配しているのは髪の毛へのダメージだと思います。しかし、ストレートアイロンもコテも使用方法さえ知っていれば髪の毛をダメージから守り、しかもいつもより綺麗にスタイリングをすることができます。ストレートアイロンやコテを使って毎日スタイリングを行う時、どうしても髪の毛に熱を当てることでパサつきや切れ毛、枝毛などのダメージが気になってくると思います。それは間違った方法でストレートアイロンやコテを使っているからです。まず、人間の髪の毛はタンパク質でできています。高い熱をずっと当て続けてしまうことで、タンパク質が壊れてしまいタンパク変性ということが起きてしまいます。これが髪の毛が傷んでいるという認識に繋がってくることです。180度に設定したストレートアイロンやコテを同じ場所で10秒以上当ててしまうだけでタンパク質が壊れてしまうため、まず設定温度はなるべく低くすることをオススメします。特にストレートアイロンやコテに慣れていない方はスタイリングに時間がかかり熱を当てすぎてしまうことがありますので必ず140度〜160度くらいに設定するのが一番いいと思います。そして同じ場所に当てすぎないように全体に同じ程度の熱がかかるように当てていくことが重要です。髪の毛の表面にはキューティクルといった膜のようなものが存在しています。このキューティクルは少し熱を通してあげることでツヤが出てくるという特徴があります。なので傷むことを恐れてストレートアイロンやコテを使わないよりも、少しの熱を通してあげることでいつもより綺麗な髪の毛に魅せることができます。普段スタイリングをしない人ほど知っていてほしいストレートアイロンやコテの活用法となります。

Copyright© 2018 ストレート アイロンでくせ毛対策【真っすぐな髪の毛を手に入れる】 All Rights Reserved.